FC2ブログ
◇◆ のびママのつぶやき ◆◇
私の息子のび太は小学6年生。 母親の私が言うのもなんですが、 一言、只者ではない!
Let's go fishing!
2006年 04月 23日 (日) 21:05 | 編集
のび太が釣りがしたいと言い出した。

釣り? 釣りねぇ~。

物に執着するより、こういうことに目覚める方が健康的でいいかも。

集中力もつくかも…。

と、二つ返事で近くの釣具店へ。

「すみません、小学生の子で釣り始めるんですけど、何を揃えたらいいですか?」

と、そこのお兄さん、

「何釣りたいんですか?」

「え!?」

たじろぐ私。

「な、何釣りたいん?」

と、のび太に聞く。

「わからん!」

こんな二人が今から釣りできるのかしら?

「別になんでもいいんです。釣れれば…」

とお兄さん、釣具セットみたいなん(800円くらい)と餌のようなゴムみたいなんを薦めてくれた。

とりあえず購入。

セットから釣竿と糸とうきと針と出す。

?????

え、これをどうやって接続するの?

やっぱり、夫に頼もう~とその日は断念。

夫にその話をすると、

翌日夫は早速「はじめての人の釣り」という本を買ってきた。

やったことないんかい



そして、この前の土曜日。

釣具セットとバケツとと全く読んでない本を持ちLet's go fishing!

琵琶湖沿いの公園に行き、釣り人がいそうなところへ。

とりあえず、竿にうきと針を適当につけて、

垂らしてみる。

すると、近くを通りかかった家族連れのお父さんが、

「ちょっとオモリが軽いんちがう?」

と声をかけてくれる。

「そうなんですか?すみません。今日初めて釣りしにきたんですぅ」

と少しぶりっこで言ってみる。

と、その方は親切にオモリまでつけてくれる。

実はオモリがついてなかったのだ

そして、「もっとあっちの方で釣ったらよぉ釣れるよ♪」

釣りを趣味にする人はなかなか親切な人が多そうだ。

tsuri.jpg

釣ること1分くらいで、もう1匹ゲット。

ブルーギルってやつ。

この魚かなり飢えているらしい。

こんな超超初心者の私たちにも釣れるんだから。

でも忍耐の一文字でじーっと待つより、

すぐに掛かってくれる方がやっぱり楽しいデス。

でも、リリース禁止条例ってので、

ブルーギルちゃんは持ち帰るか、近くに据え付けてある回収BOXへ

夫は持って帰って料理しようとしきりに言い、

のび太は一匹飼いたいと言う。

どちらも却下!

結局20匹ほど採って満足!

一番大物を採ったのはなんとのび太でした。

ただ、釣るのはよいんだけど、

ピクピク動いている魚から針を取る作業が、誰もが苦手なようで。


まだまだ修行がいりそうです。










スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
チャレンジの季節!
ほんと、のび太ファミリーは偉いです!尊敬です!子供が やってみたいと言えば、まったく知らないことでもチャレンジ!親の鏡と思います。うちは、もはや子供のやることに ついていけず、せめて反対はせんとこって思うのがせいいっぱい。知ろうともしない、ほんと保守的です。反省!でもやっぱりできな~い!かつて、野球をやったってのが うちにとっては画期的なこと。でも、ほんとに いい思い出です。時間がたつのは、とても早い。こどもに関わってやれる時間って、ほんのわずかよね。わたしも、のび太ファミリーを見習って、おっくうがらずに
なんでもチャレンジせんと!がんばりま~す。いまのところ、子供会の会長職が超多忙!がんばらなくては!
2006/ 04/ 25 (火) 17: 57: 33 | URL | starbucks # -[ 編集 ]
starbucksさんへ
そんなことないよっ!
ただただ自分がしたがりなダケなの。
それもこういう陽気のいい時ダケという、
身勝手な親であります。
でもホントに子供が「お母さん、お母さん」と言ってくれるのも今だけだからね。
現にこの日、長女は友達とお出かけし、釣りには来ていないのです。
子供会の会長ですかぁ?今年は忙しくなりそうだね。でもあなたなら難無くやれるヨ。
頑張って!
2006/ 04/ 25 (火) 18: 47: 36 | URL | のびママ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ◇◆ のびママのつぶやき ◆◇ all rights reserved.
designed by polepole...